カロリーSlism[Calorie計算&栄養分析!ダイエットをサポート]

食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(こおり)

食品飲料・酒

食品分析数値

氷のカロリー0kcal 100g
0kcal 20g(1個)
ダイエットの食材指数
腹持ち
栄養価
水が塊り、固体になったもの。作り方は製氷皿に水を入れ、凍らせておくだけ。
製氷の技術が発展する前までは、寒冷地で得た氷を運び、溶けるのを防ぐため氷室(ひむろ)と呼ばれる空間で保存していた。現代は製氷皿に水を入れ、冷凍庫に保存しておくと自然に氷を作ることが可能になった。
冷凍庫で作った氷は賞味期限がないと言われているが、実際、氷の長期保存は品質(臭いや大きさ)に関係している。1週間程度を目安に作り替えたほうが良い。
氷は宇治金時やシロップをかけて食べるカキ氷、アイスに利用して食べられる。カキ氷は、氷ぜんざいや氷あずきが人気。
氷は熱量によるカロリーの消費が大きく、ダイエットにも期待されてきている。しかし、無性に氷を食べたくなるのは、氷食症と呼ばれる病気の可能性があり、鉄分不足による貧血が影響している可能性もある。

g0kcal

追加せずトップへ

氷

Ice

氷のダイエット食品分析

カロリー
ダイエット食材指数
腹持ち
栄養
水分100 (%)

氷に使われる材料のカロリーと重量

水 20 g 0 kcal

氷:1個 20gの栄養成分

一食あたりの目安:18歳~29歳/女性/51kg/必要栄養量暫定値算出の基準カロリー1800kcal

【総カロリーと三大栄養素】

(一食あたりの目安)

エネルギー0kcal536~751kcal
タンパク質0g (0kcal)15~34g
脂質0g (0kcal)13~20g
炭水化物0g (0kcal)75~105g

【PFCバランス】

氷の栄養はの成分が多く、カロリーは1個(20g)で0kcalとカロリーは少ない。

氷:20g(1個)あたりのビタミン・ミネラル・食物繊維・塩分など

氷にビタミン・ミネラル・食物繊維・塩分などは極微量、または含まれていないか、不明です。

氷:20g(1個)あたりの脂肪酸

氷に脂肪酸は極微量、または含まれていないか、不明です。

氷:20g(1個)あたりのアミノ酸

※食品成分含有量を四捨五入し含有量が0になった場合、含まれていないものとし表示していません。

※一食あたりの目安は18歳~29歳の平常時女性51kg、一日の想定カロリー1800kcalのデータから算出しています。

※計算の過程で数kcalの誤差が生じる可能性があります。

運動時におけるカロリー消費目安

氷:1個 20gのカロリー「0kcal」を消費するのに必要な有酸素運動の時間

  • ウォーキング0分
  • ジョギング0分
  • 自転車0分
  • なわとび0分
  • ストレッチ0分
  • 階段上り0分
  • 掃除機0分
  • お風呂掃除0分
  • 水中ウォーキング0分
  • 水泳0分
  • エアロビクス0分
  • 山を登る0分

氷を追加してカロリー計算機へ移動する

g0kcal

追加せずトップへ

ユーザが評価した氷のダイエット&栄養口コミ

まだユーザの口コミはありません。

Twitterアカウントを利用してこの食品の栄養バランスやダイエット用食材としての評価をクチコミすることができます。

カロリー計算[カロリーSlism]