カロリーSlism[Calorie計算&栄養分析!ダイエットをサポート]

食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八つ橋 (八ツ橋/生八つ橋)

料理おやつ・おつまみ・お菓子

食品分析数値

八つ橋のカロリー279kcal 100g
70kcal 25g(1個)
ダイエットの食材指数
腹持ち
栄養価
特筆すべき栄養素銅, 鉄
米粉砂糖と肉桂を混ぜた生地を蒸し、薄く延ばして切った和菓子。京都の代表的な土産物。蒸した生地を焼いたものと区別して「生八つ橋」と呼ばれ、また、生地で餡を包んだ商品もあるので生地を伸ばしたものは「皮」とも呼ばれる。発祥は黒谷参道の聖護院の森と言われている。由来については複数の老舗それぞれに支持する説があるようである。
現在は生地、餡ともに多様な種類があり、作り方はレシピサイトにも紹介されている。

あん入りの生やつはし<あんこ入り> 部分割合:皮4、あん6。(トリアシルグリセロール当量)未同定脂肪酸(2mg)を含まない

g70kcal

追加せずトップへ

八つ橋

八つ橋

Namayatsuhashi

八つ橋のダイエット食品分析

カロリー
ダイエット食材指数
腹持ち
栄養
水分30 (%)
廃棄率0 (%)

八つ橋:1個 25gの栄養成分

一食あたりの目安:18歳~29歳/女性/51kg/必要栄養量暫定値算出の基準カロリー1800kcal

【総カロリーと三大栄養素】

(一食あたりの目安)

エネルギー70kcal536~751kcal
タンパク質1.08g (4.32kcal)15~34g
脂質0.13g (1.17kcal)13~20g
炭水化物16.08g (64.32kcal)75~105g

【PFCバランス】

八つ橋のカロリーは25g(1個)で70kcalのカロリー。八つ橋は100g換算で279kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は28.67g。炭水化物が多く16.08g、たんぱく質が1.08g、脂質が0.13gとなっており、ビタミン・ミネラルでは銅と鉄の成分が高い。

八つ橋:25g(1個)あたりのビタミン・ミネラル・食物繊維・塩分など

【ビタミン】

(一食あたりの目安)

ビタミンK0.5μg17μg
ビタミンB10.01mg0.32mg
ビタミンB20.01mg0.36mg
ナイアシン0.05mg3.48mgNE
ビタミンB60.01mg0.35mg
葉酸1.75μg80μg
パントテン酸0.05mg1.5mg

【ミネラル】

(一食あたりの目安)

ナトリウム0.25mg~1000mg
カリウム27.5mg833mg
カルシウム2.75mg221mg
マグネシウム4.25mg91.8mg
リン12mg381mg
0.23mg3.49mg
亜鉛0.15mg3mg
0.03mg0.24mg

【その他】

(一食あたりの目安)

食物繊維 総量0.83g5.7g~

八つ橋:25g(1個)あたりの脂肪酸

【脂肪酸】

(一食あたりの目安)

脂肪酸 飽和0.03g3g~4.7g
脂肪酸 一価不飽和0.02g~6.2g
脂肪酸 多価不飽和0.04g3g~8.3g
脂肪酸 総量0.09g
n-3系 多価不飽和0.01g
n-6系 多価不飽和0.04g
18:1 オレイン酸14mg
18:2 n-6 リノール酸35mg
18:3 n-3 α-リノレン酸8mg

八つ橋:25g(1個)あたりのアミノ酸

※食品成分含有量を四捨五入し含有量が0になった場合、含まれていないものとし表示していません。

※一食あたりの目安は18歳~29歳の平常時女性51kg、一日の想定カロリー1800kcalのデータから算出しています。

※流通・保存・調理過程におけるビタミン・ミネラル含有量の損失については考慮されていません。

※計算の過程で数kcalの誤差が生じる可能性があります。

運動時におけるカロリー消費目安

八つ橋:1個 25gのカロリー「70kcal」を消費するのに必要な有酸素運動の時間

  • ウォーキング27分
  • ジョギング16分
  • 自転車10分
  • なわとび8分
  • ストレッチ32分
  • 階段上り9分
  • 掃除機23分
  • お風呂掃除21分
  • 水中ウォーキング20分
  • 水泳10分
  • エアロビクス13分
  • 山を登る13分

八つ橋を追加してカロリー計算機へ移動する

g70kcal

追加せずトップへ

ユーザが評価した八つ橋のダイエット&栄養口コミ

まだユーザの口コミはありません。

Twitterアカウントを利用してこの食品の栄養バランスやダイエット用食材としての評価をクチコミすることができます。

カロリー計算[カロリーSlism]